FC2ブログ

アドレスV125 ツーリング装備

必ずしも必要ではないけど、ツーリングにあると便利なもの。
アドレスV125に装備しているものを紹介してみようと思います。

DSC02139sp182.jpg

①時計
②風防
③スロットルアシスト
④スマートフォンホルダー
⑤DC/ACコンバーター



①時計

DSC05408s182.jpg

バイクに標準装備でなかったため取り付けました。
やはり時間は何かと気になるので、チラ見で確認できるのは有難い。

あとついでに気温計も付いてます。
必要かと言えばそうでもない。でもやはり気になるのであると嬉しい。
電光掲示板の気温と一致していると尚嬉しい(笑


②風防

DSC00588s182.jpg

冬の風除け対策。風当たりが格段に減ります。
防寒としては上着一枚分の効果は絶対あると思う。

取り外しが面倒だったので夏も付けていたのですが、これが意外と効果あり。
風の抵抗が全然少なくなるため疲労感がけっこう違います。
オールシーズンで役に立つ有能装備。


③スロットルアシスト

sas182.jpg

手の甲で押すだけでスロットルを回すことができる代物。
長距離ツーリングなどでは手がかなり楽になります。


④スマートフォンホルダー

DSC01641s182.jpg

ツーリングで現在地が分かるというのは心強いもの。
GPSでログを取り、その記録と現在地をグーグルマップに表示させています。

ちなみに、GPS-Trkというアプリを使用。
iPhone5でもグーグルマップと組み合わせた表示ができる、というのが選んだ理由。
有料(1000円くらい)だけど、それなりに機能があって使いやすいと思います。

あと、充電の有無に関わらず、落下防止のため充電コードは常に装着。
そして充電コードをハンドル裏に回すことで、万が一ホルダーから外れてもハンドルに引っ掛かり落下しないようにしています。
これによって2,3回ほどスマホの命が救われているから、侮れない。

最初に取り付けたときの記事→アドレスV125にiPhone5をマウントするために


⑤DC/ACコンバーター

DSC03015s182.jpg

バッテリーから携帯などを充電するときに使います。
アドレスV125GはメットインにDC12Vのシガーが標準装備されているので、そこに差し込めばバッテリーから来ているDC12VをAC100Vに変換してくれる、という代物。
ただ最近はUSB充電が多いため、USB口に変換できるタイプの方が良いと思う。

今これを使ってりるのは完全にガラケー時代の名残です。
本当にありがとうございました。

-------

ロング・ショート問わず使う装備はこんなものでしょうか。
あと強いて言えば、ホームセンターの箱。

rvs182.jpg

アイリスオーヤマ、RV460。
同じ箱を取り付けているバイクをよく見かけます。
簡易的ですが鍵付きなのが(・∀・)イイ!!

アドレスに取り付けた際の記事→箱の積載方法について



というわけで、最近はこんな感じでウロウロしてます、という記事でした。
乗り始めて一気にこうなったのではなく、5年かけて徐々に変わってきているMyアドレス。
これからも気まぐれで変貌していくかもしれません。

DSC01735s182.jpg

とりあえずまだまだ現役な模様。

スポンサーサイト



リアサスペンションの交換

前記事の奥秩父ツーリングより。
リアサスペンションが機能しなくなったため交換してもらうことに。

suss14.jpg

フレームを外されたアドレスV125。
メットイン下を見るのはLED取付け時(2010年暮れ)以来だろうか。
それにしても砂埃を被っていて結構汚い。。

当然のことですが、フレームがすべてを支えているのだなと改めて実感。
キャンプ道具など載せまくってもしっかり支えてくれているのだから大したものです。
こうして見るともっと積載しても大丈夫そうに感じてしまうが・・・それはやめておこう。
ウィリー的な意味で。

DSC013582s14.jpg

そしてリアサスペンションを交換!(してもらいました
純正とそんなに値段が変わらないのでデイトナ品(赤、3cm上げ)にしてみたのであった。

こうして見ると・・・自賠責保険シールの色で見た目結構変わるんやなぁ。。
そっちかよと言われそうだが、本当にそう感じたのだから仕方ない。
これが以前のように青色シールだったらまた印象は変わっていただろう。

全体的に赤に統一されており、これはこれで(・∀・)イイ!!

箱の積載方法について

3年ほど付けっぱなしだったホームセンターの箱。
この間、洗車のときに久しぶりに外してみたんです。
そしたら・・・底にヒビ入っているんですが(;´Д`)

いつそうなったかは不明ですが、おそらく箱の積載方法が悪い。
アドレスV125のキャリアには凸部が2ヶ所あり、そこを無理やり押し付けるように箱を固定していたのが原因と思われます。

DSC02843s142.jpg

キャリアの2ヶ所、上に3cmほど出っ張っている部分があります。

以前はこれより後ろ側に箱を付けていました。
2010年の北海道ツーリングのときはまだそのスタイルだったはず。
ただ重心が後に寄りすぎている気がしたので、シートが開くギリギリのラインまで前へ。
当然キャリア凸部が箱の底に当たる訳ですが、そこを無理やり固定した結果今に至ります(汗
プラスチックなので何とかなると思いきや何とかならず。

-------

このままではヒビが拡大する危険があるため対策を講じることに。
具体的には、凸後部に木板を敷いて高さを調節する、デス!
というわけでカインズホームに行って、適当な厚さ・大きさの木板を購入。

DSC02849s142.jpg

そして箱に合わせてカットし、ネジに合わせて穴を開けていきます。
穴はまずピンポイントにキリで開け、鉄製の棒ヤスリで拡張していく感じ。
この棒ヤスリが丁度6mmネジ穴に合ったので手持ちの工具でも何とかなりました。

仕上げにラッカースプレーでさっと黒く塗って終わり。
乾燥したら、塗布面を下にして箱と一緒に金具で止めます。

DSC02862s142.jpg

キャリア下部はこのような金属ステー(大小)で固定化しています。
箱の内側からネジを差込み、木板→ゴムマット→キャリア→金属ステーの順に取り付け。
ゴムマットは振動によるズレ防止のために敷いています。

DSC00821s142.jpg

シートが開くときの曲率を考慮した?ギリギリの設計(笑

ベニヤ板が500円、ラッカースプレーが200円、ネジが150円。
材料費が1000円以下だったので、箱自体の値段よりは低く抑えることができました。
もしこの先ヒビが拡大したら今度は箱を買い換えよう。。

初代ジョグと2代目アドレス

突然ですが、これまで乗ってきた原付たちの紹介を始めます。
と言ってもたった2台ですが。

現在乗っているスズキの『アドレスV125G』というバイクは2代目。
初代はヤマハの『ジョグZⅡ』でした。

DSC02730s132.jpg

これはアドレス納車時の画像@2009年6月。
まだカウルに傷もないし、樹脂パーツの色落ちもない。
新車ではなかったが、600kmしか走っていなかったのでピカピカです。

-------

初代ジョグは、アドレス納車と同時に実家へ移動。
4年ほど放置していたけれど、親父が通勤に使うため復活(笑

帰省中、せっかくなのでちょっと乗ってみると・・・全然走れるな。
2stなのでアクセルを開けたときの加速感が(・∀・)イイ!!
というか高速域に入ってから怒涛の加速が起こります(汗
ただ原付一種なのであまり意味がないという・・・

これは以前、プーリーやウェイトローラーを弄ったからだと思われる。
CDIも変えているので70くらいは普通に出そうな予感。
しかし色々とガタが来ているため、速度を出すと分解しそうで怖いです(汗

まぁ町中をトコトコ走る分には問題なさそう。
走行距離も20,000kmちょい、こちらもまだまだ現役か。

-------

【現在のアドレスV125G】

2009年に購入してから、本当にいろいろ走ってきました。
それに伴ってカスタムも進化し、今では超実用的スクーターに(汗
『見た目よりも中身で勝負』とはまさにコイツのこと。

DSC02693s132.jpg

フロント部分では、まずミラーを交換(ヤフオクで1800円w
そしてヘッドライトバルブを青白いものに変更。
お金がなかったのとバッテリーの問題からHID化は断念。
あと、ウィンカーをLED化してあります。

ハンドル周りでは時計を付け、スマホ積載ができるKANIマウントも装着。

さらに今では冬装備として、グリップヒーター・ハンドルカバー・風防が付いています。
手元が温かく、体に風が当たらない仕様となり、実用度が上がった。
それに伴って一気にオッサン化が進んだ。

DSC02694s132.jpg

テールランプとウィンカーもLED化。
こちらは交流電源が来ていたので、LEDがチカチカしないよう直流に切り替えています。
(シガーの直流から分岐。シガーからの充電には特に影響なし。)

それと、ホームセンターの箱。
積載が増えると何かと便利なため、ここ2年近くは付けっぱなしです。
しかしあまりに目立つため目撃情報が寄せられたりもするという諸刃の剣。
素人にはオススメできない・・・(謎

-------

最初は時計だけだったが、徐々にグレードアップし、今ではこの有様に。
ちなみに起動系など、走りに関わる部分は弄っていません。
アドレスは純正の完成度が高いので弄らないのがベストだと思います。

というわけで、2014年も無事故無違反無トラブルで突っ走れ(・∀・)!!


それにしても・・・

正月休みは文章量が増えるなと思いました。
(3日とも駅伝を見るほど暇だった)

アドレスV125にiPhone5をマウントするために

今年の5月になってようやくスマートフォンを購入。
とりあえず家族と会社をそろえるためにソフトバンクを。
そしてiPhone5をっ。

スマホを買ったらやりたいことがありました。

バイクにマウントして走ること!


ナビは利用しなくていいけど、現在地はリアルタイムで把握したい。
道路確認はやはり紙媒体の地図が好きです。

小型ナビを買うのもオーバーなので、スマホをゲットしたらでいいや・・・
と思っていたので、ついにこのときが来たという感じ。

DSC08989s.jpg

KANIマウントというのを買い早速取り付けてみる。
(南海部品のブランドのようです)

バイクに取り付ける固定パーツ、スマホやナビを取り付けるマウントパーツ。
基本この2つから成り、それぞれ種類があるため好みでカスタム可能なのだとか。
自分は、固定パーツは10mmボルト用、マウントパーツは挟むタイプ、です。

KANIマウントの他にもちょっと調べたけど・・・
10mmボルト用が見つかったのがKANIだけだったというのが最初に選んだ理由だったり。

DSC08990s.jpg

そして実際にiPhone5を取り付けてみた。
(場所が変わっているのはキニシナイ)

見た目は(・∀・)イイ!!

さらに充電しながら走れるよう、シガーから電源を引いてきています。
コンバータや充電コード、iPhone本体が剥き出し状態。
雨のが降ったら終わりな使用だ(汗


そして実際に走ってみると・・・

ちょっとした段差でぼよんぼよん揺れます(死

まぁ普通の路面だと画面が見れる程度ではあるのでいいか。
そもそも走っているときはそんなに見ないし。


むしろ、振動でスマホが落下しないかが心配。
サイドのアームでしっかり固定しないと平気でずれてくるし。
iPhoneはストラップを付ける所がないのが致命的だ。

DSC09002s.jpg

イヤホンの口に刺して固定できるストラップみたいのがあればいいなぁ。
しばらくは電源コードとイヤホンが命綱代わりです。

あとはGPSアプリを調べてみよう。

プロフィール

keishi

Author:keishi
群馬県在住。
2013年春まで京都府。

原付はアドレスV125G(K7)。
モットーは『ゆっくりまったり』。
原付ツーリングはこれが肝だと思っているが意外と難しい。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: