FC2ブログ

定期更新@2014年4月 淡路島に行けるようになるかも

今年1月のことですが、明石-岩屋航路に新しいフェリーが就航するというニュースがありました。
このフェリーはなんと、125cc以下のバイクも輸送可能とのこと。

■100トン級高速旅客船 15年夏、明石‐淡路間に就航へ
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201401/0006650819.shtml
(神戸新聞)

-------

現在でもジェノバラインというフェリーがあり、人と自転車なら往来できるのですが、バイクや自動車を乗せれるほど大きくはないようです。
一方、自動車と125ccより大きなバイクは明石海峡大橋を渡ることができます。
(明石海峡大橋はバイクで渡ったら気持ちがいいやろうなぁ)

これ以外に淡路島への渡島手段はなし。
つまり、125cc以下のバイク(原付)は淡路島に渡ることができないという状況になっています(逆も然り
2010年秋にたこフェリーが廃止になってから3年半、ずっとこんな感じです。
それ以降、たこフェリーを復活させるとか、ジェノバラインが原付も乗船できるようにするとか、いろんな説があったのですが、結局自治体と折り合いが付かなかったのか話は頓挫した模様。

そして今に至ります。
就航予定は来年2015年の夏とのこと。
実際に利用する機会はまずない(笑)のだけど、これまで気になっていた話題ではあるので今後もどうなるのか注目です。

-------

そんな訳で今月のトップ絵をたこフェリーにしてみたのだ。

DSC05114s1404.jpg

2010年4月、たこフェリー乗船前の明石港にて。

京都から日帰りで行ってきました。
関西圏なので近いように思うも、まず明石に着くのに3時間ほど。
淡路島に上陸するのには正味4時間かかりました。
4時間って君、名古屋行けちゃうよ!

島には4~5時間ほど滞在し、また帰宅に4時間。
京都~明石はほとんど市街地なので、かなり走り疲れました。
道のりが過酷だったのでマイナスイメージが強い。。。

次行くなら淡路島でキャンプ!間違いない。
それ以前に、原付も乗れる明石-岩屋航路復活に期待です。

スポンサーサイト



定期更新@2014年3月 塩カルの話

冬に山間部を走ると塩化カルシウム(融雪剤)を良く見かけます。
道路に白い粒粒があれば塩カルが撒かれたんやなぁと。

DSC07950s140.jpg

左京区では山に入ると、塩カルの木箱が至る所に設置されていた記憶があります。
いったい誰が撒いているのかが謎だった(今でも謎

-------

最近それより疑問なのが、なんで塩化カルシウム?

凝固点下げるだけなら、塩化ナトリウム(一般的な塩)でいいんじゃないかと。
ということは、塩カルには何か特別な理由があるに違いない。
そう思って国総研を調べたところ、衝撃の事実が判明!

塩化ナトリウムや塩化マグネシウムも普通に使われていた(汗

まぁある意味予想通りなので、これはこれで納得。
では何故、『融雪剤=塩カル』とすり込まれているのでしょう?
謎は深まるばかりである。

ところで、塩カルのおかげで洗車が大変です(´д`;)ヒィ

プロフィール

keishi

Author:keishi
群馬県在住。
2013年春まで京都府。

原付はアドレスV125G(K7)。
モットーは『ゆっくりまったり』。
原付ツーリングはこれが肝だと思っているが意外と難しい。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: