FC2ブログ

奥秩父ツーリングとその後

5月30日、土曜日。

この日は朝の4時くらいに目が覚めました。
理由は前日に酒を飲んだから。
良い具合に飲むとスッキリ早起きできる、というのが僕の飲酒あるある。
短時間で熟睡できているのか、それとも単に眠りが浅いだけなのか・・・?

暇なので部屋の掃除したりアドレスの洗車をしたり。
気分が良いので秩父の方までツーリングに行ってみました。

DSC01307s152.jpg

8:10 本庄市のセブンイレブンにて。

西の山の方に向かうときは、よく立ち寄るコンビニです。
ここから県道44号を使い秩父方面へ!

続きを読む

スポンサーサイト



定期更新@2014年6月 アドレスV125、5周年

6月といえば、アドレスV125に乗り始めた月。
2009年からなので今年でちょうど5周年になります。
当時は5年後にまだ乗っているなんて思わなかった。

それはさておき、購入から5年経ったため自賠責保険の契約が満了となりました。
というわけで、いつも通っているバイク屋へ行き自賠責保険を更新。。。

jibaiseki151.jpg

5年契約で(汗

自賠責保険は自分の乗り方に合わせて契約年数を選べるのですが、
バイク屋の主人に「○○君なら5年だよね」と言われ、再び最長の5年契約を選択。
一体いつまで乗ると思われているんだろう・・・

ま、自分もそのつもりだったからいいけど(笑

とりあえず何とかなるさの精神で自賠責保険の契約を終える。
まだまだ乗る気満々です♪(現在87,000km)

-------

【今月のトップ絵】

DSC04708s1406.jpg

福井県、若狭湾に面した大島半島にて。
大島半島は大飯原子力発電所があるところです。

2012年7月ということで、再稼動が話題になっていた時期。
半島の入口では検問が敷かれており、ピリピリした雰囲気が感じられたが、
小浜湾に面した漁村はいたって穏やかで、そのギャップが印象的でした。

もうすぐ夏がクル━(゚∀゚)━!!

2014 関西ツーリング まとめ

2014年ゴールデンウィーク。
群馬から関西に行きました。

14kansai-map.jpg 

日程天気移動場所走行距離出費備考
1日目(5/2)快晴自宅→塩尻185km4978円午後出発
2日目(5/3)晴れ/曇り塩尻→琵琶湖355km8526円木曽路
3日目(5/4)快晴野洲→天理137km7282円たけのこday
4日目(5/5)雨/曇り天理→京都75km4967円雨のみやこ路
5日目(5/6)晴れ/曇り京都→浜名湖235km8359円伊勢湾F
6日目(5/7)快晴浜松→自宅366km3621円マグロ
合計1352km37733円


■走行距離

走行距離は3日目と4日目が少なかったため、合計で1500kmを越えず。
2日目の350kmは調度良く感じたけど、6日目の360kmは走りすぎな感じがした。
距離は同じでも、走る道によって感じ方は結構違うようです。

また、総給油量は23.9Lだったので、燃費は56.2km/Lでした。
走行距離が増えるにつれ燃費が良くなるのは何故だろう。。


■出費

6日で37,733円。平均して一日あたり6,300円ほど。

1位はやっぱり飲食費。12,935円。
一日あたり約2200円で、2年前の北日本ツーリングと全く一緒なのが面白い。
4年前の北海道ツーリング(2000円/day)ともほぼ一緒。
人は4年では変われなかった・・・(謎

2位宿泊費+風呂。11,850円。
健康ランド6590円、キャンプ2200円、ライハ1000円、風呂2060円。
今回は宿泊費のウェイトが大きいです。
本州のツーリングだから仕方ない。

その他、以下のように続きます。

3位・・・給油代(3818円)
4位・・・お土産代(3732円)
5位・・・フェリー代(3090円)
6位・・・その他(2308円)


-------

というわけで、ただ関西に戻っただけの今回のツーリング。
4日目が雨になり紀伊半島に行き損ねたのは残念ですが、
その結果京都でのんびりできてボーダーにも泊まれたのは良かった。

紀伊半島、遠いけどいつか行きたいね。
(離れると行きたくなるものなのです)

2014 関西ツーリング 6日目(5/7) 浜松→自宅

昨日の夕方~夜はかなりの風が吹いていたものの、朝にはパッタリ。
穏やかな朝を迎えることができた。

DSC01221s149.jpg

5:32 キャンプ場の西端にテントを張ったので、早い段階から朝日が射し込む。

続きを読む

2014 関西ツーリング 5日目(5/6) 京都→浜名湖(浜松)

ツーリング5日目。残り2日。
今日からぼちぼち群馬に向けて帰って行きます。

天気は、晴れ。

7時になるとライダーハウスから出発する人が出始める。
見送ったりしつつ、朝飯を食べて準備に取り掛かる。

DSC01164s148.jpg

7:46 準備が整ったので自分も出発。

まだ寝ている人もいるので敷地内は押して進みます。
ボーダーのご主人と帯広の人が見送ってくれた。

続きを読む

プロフィール

keishi

Author:keishi
群馬県在住。
2013年春まで京都府。

原付はアドレスV125G(K7)。
モットーは『ゆっくりまったり』。
原付ツーリングはこれが肝だと思っているが意外と難しい。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: