FC2ブログ

国道1号線アタック 静岡県編

東京、日本橋を出発して4時間半が経とうとしているところ。

DSC07444s.jpg

9:29 箱根峠で静岡県入り。

長い長い静岡県横断のスタートです。
なんていたって180kmあるのだから(汗
国道1号線全長の約1/3。

長さだけじゃなく難所も多いです。
原付にとっては。

自動車専用道路、これ(以下『自専道』

静岡県内のR1はほとんどバイパスで構成されています。
しかし一般BPと自専道BPが混在しているので、原付にとっては厳しいところ。
とりあえず青看板が緑看板に変わったらバイパスから逃げる!
これさえやっていれば捕まることはない・・・はず。

DSC07448s.jpg

箱根峠から三島へ下る道はまさに絶景。

ヘアピンカーブが続くものの、道が狭くないので走りやすい。

DSC07452s.jpg

三島・沼津市街を抜けたところ。

距離標識にようやく名古屋が登場。

DSC07455s.jpg

富士・由比バイパスを走行中。

東海道新幹線とちょっとだけ並走する。
まるで高速道路だけど、ここは自専道じゃないよ。

DSC07456s.jpg

10:31 道の駅『富士』で休憩。

その名の通り?、富士山がよく見える。
まぁ神奈川県からずっと見えていたけど。

軽食コーナーがあったのでそばを食べる。

DSC07458s.jpg

京都まで350kmか。。

北海道で一日に走る距離ですな(汗

DSC07460s.jpg

道の駅からしばらく走ると海沿いに出ます。
景色がめちゃくちゃ(・∀・)イイ!!
国道1号線の中でいちばん好きな場所♪

海沿いを走っているとそのうち巨大な健康ランドが現れます。
静清バイパスを避けて静岡市街を通るならここで側道へ。

今回はギリギリまで静清バイパスを進むことに。

DSC07462s.jpg

清水ISを過ぎると緑看板(右上)が出現。

この交差点から先が静清バイパスの自専道区間なのだ。

DSC07471s.jpg

11:19 同交差点から先を眺める。

「125cc以下 側道へ」とあるように、原付流出を促す看板があります。
というわけで水色のペイントに従って側道へ。

静清バイパスは自専道の区間に側道が設けられています。
なので側道をずっと走ればいずれまた本線に合流できるのだ。

DSC07474s.jpg

途中、バイパスへの流入路がいくつかあるのだけど、
地名が緑地の場合はまだ自専道なので入ってはいけない。

それにしても、側道は信号や一時停止が多い。。

DSC07475s.jpg

正面に山が近づいてくるところで、緑字がない青看板が出現。
小さく『BY-PASS』と書かれているがこれは問題なし。

ここ唐瀬ICから合流すれば1つ目の自専道回避終了です。

しかし、この先も高規格な道路が続いているため原付には苦しい状況が続きます。
流れは・・・80km以上(死

DSC07476s.jpg

宇津ノ谷トンネルを越え坂を下っていくと間もなく藤枝バイパス

さりげなく看板が出るので見落とさないようにしなければならない。
ここから流出し、藤枝市と島田市の市街地を通っていきます。

DSC07477s.jpg

30分ほどでバイパスに合流。

DSC07483s.jpg

12:43 道の駅『掛川』で休憩。

人大杉・・・休憩する場所がない(汗
国道1号線の中でいちばん充実している道の駅だと思います。

この後は、掛川BP→袋井BP→磐田BP、と続いていく。
どれも一般バイパスなので走れなくはないが、アドレスだと流れがきつく感じた。
場合によっては迂回して市街地を通ったほうが賢明かも。

DSC07484s.jpg

磐田バイパスが終わると、市街地からの道路と合流して4車線になります。

天竜川を超え、浜松市へ。

DSC07487s.jpg

そしてすぐに国道152号線との分岐に差し掛かる。

ここは左折、浜松バイパスに入ります。
浜松バイパスは平面交差なので信号があり、比較的流れはまったり。

DSC07490s.jpg

14:07 浜名バイパス入口。

ここから再び自動車専用道路です。
もう一つ先の潮見バイパスも自専道だけど、直結しているので実質一区間という感じ。

標識が目立つので間違って入ることはなさそう。
と思っていたら、迷いなく進入していくアドレスを目撃(汗
勇者だ・・・

DSC07492s.jpg

14:19 浜名湖~♪

DSC07495s.jpg

左折すれば浜名バイパスと潮見バイパスの結節点。

ここから先、潮見坂を通るルートは国道42号線に指定されています。
どうしてここだけR1じゃないのだろう・・・

-------

長かった静岡県をようやく横断。
なんだかんだで5時間かかりました。
今日は実によく走った。
でもまだ半分ちょいしか来ていないという現実。。。

これから先は愛知県に入り、見慣れた風景へと変わっていきます。
加えて陽も暮れて行くので写真は減っていく一方。
ま、まだ慌てるような時間じゃない。

東海編に続く。



■ 国道1号線アタック 静岡県編


より大きな地図で 2012 R1-shizuoka を表示

東京都神奈川県静岡県東海関西

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

V125で10時間かけて関東地方に出る際にこの静岡県のページが参考になりました。たかが10時間走行で首が痛くなりましたw

Re: No title

コメントありがとうございます!
逆方向でも参考になったでしょうか?
無事にたどり着けたなら何よりです。

10時間って実際走ると結構ハードですよね。
首のほかに腕・肩・腰・お尻・・・
長時間走るといろいろ地味にきますから(笑
プロフィール

keishi

Author:keishi
群馬県在住。
2013年春まで京都府。

原付はアドレスV125G(K7)。
モットーは『ゆっくりまったり』。
原付ツーリングはこれが肝だと思っているが意外と難しい。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: