FC2ブログ

残雪のビーナスラインに行ってみた

2014年3月15日。

最近アドレスの走行ネタがないなぁ。。
ということで一年前にビーナスラインに行った記録を掘り返してみることに。
この日は3月にしては暖かく快晴♪

DSC00666s193.jpg

8時前に家を出て本庄市のマクドで朝飯を食べました。
そして9時前に出発。

DSC00675s193.jpg

国道462号線で上野村方面へ。

DSC00682s193.jpg

上野村周辺では砂を撒いて滑り止め対策としています。
今日は凍結がないものの、撒かれた砂が道路に多く残っていてなかなか怖い。
砂のない轍に沿って慎重に走行。

DSC00684s193.jpg

10:22 十石峠とぶどう峠の分岐点。

R299方面は冬季通行止なので、矢弓沢林道で迂回します。
この林道は通行止にならないから・・・

DSC00686s193.jpg

ただしこの雪を乗り越えていければの話ですが。
アドレスのタイヤ直径より深いよ。。(;・∀・)
普段はそんなに積もらないのですが・・・2月の大雪の影響でしょうか?

長野県への道が絶たれてしまったので南牧村に回ります。

DSC00691s193.jpg

11:00 道の駅『オアシスなんもく』で休憩。

このあと県道93号線で長野入りを試みるも、こちらもNG。
なんで通行止ばっかりなの?(困惑

DSC00711s193.jpg

国道254号線沿いのセーブオンでサラダ巻きを食べました。

DSC00722s193.jpg

素直に内山峠を越えて長野県に突入。
(最初からこうしていれば・・・)

北側に浅間山がくっきり見えて、綺麗。
そしてR142→R152で白樺湖方面を目指していきます。

DSC00728s193.jpg

ハッピードリンクショップ、通称ハピドリ。
長野県や山梨県を走っていると頻繁に見かけます。
ちょっとした休憩に便利♪

DSC00743s193.jpg

14:53 そしてようやくビーナスラインに入りました。

写真は大門峠からちょっと上ったところ。
蓼科山と雪に覆われた白樺湖を一望。

現在、標高1500mほど。
ここからもう少し上っていきます。

DSC00747s193.jpg

富士見台という展望台にて。
こんな時期なのでバイクは他に一台もおらず。

DSC00746s193.jpg

奥のほうに小さく富士山が見えます。

DSC00750s193.jpg

まさに雪原といった感じ。
雪による照り返しが強いので顔が日焼けしそうです。
路面はドライ。凍結なし!

DSC00755s193.jpg

今度は霧ヶ峰に向かっての下りになります。
最高点は約1800m。

DSC00758s193.jpg

雪の壁!

DSC00760s193.jpg

そして霧ヶ峰交差点に向けての最後のストレート。
土曜日だけど夏と違って交通量が少ないのも良いですね。
この開放感が(・∀・)イイ!!

ここから美ヶ原に向けてビーナスラインは続くのですが、そちらは冬季通行止。
このまま県道40号線で諏訪湖に出ることに。

DSC00770s193.jpg

16:09 諏訪湖のほとりにて。

諏訪湖は凍らないんですね。
もう夕暮れ時なので、塩尻の健康ランドで一泊。

-------

翌、3月16日。
この日はあっさり帰るだけ。6時半出発。

DSC00787s193.jpg

塩尻から北上し、梓川SAに向かっているところ。
朝焼けに映える北アルプスの山並みがめちゃくちゃ綺麗!

梓川SAで朝食を食べ、国道254号線で東に進んでいく。

DSC00794s193.jpg

三才山(みさやま)トンネルを抜けました。
そして上田市に出て、国道144号線から嬬恋経由で帰ります。

DSC00799s193.jpg

9:56 国道144号線、鳥居峠にて群馬県入り。

ビーナスが完全ドライだったので嬬恋もまったく問題なし。
強いて言えば、雪解け水でバイクが汚くなるくらいか。
ただ塩カルも撒かれていると思うので帰ったら洗車しなくては。。。

DSC00804s193.jpg

北軽井沢を経由し、県道54号線ルートから高崎市へ。

今日も浅間山がくっきり見えています。
昨日、南側から見た感じとはまた全然違って面白いですね。

高崎の市街地に出た頃には、手元の温度計が20℃を上回る。
真冬用の格好だったので最後は暑さとの戦いに・・・(w
13時ごろ、早々と帰宅。



走行距離:443km

140315venus.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishi

Author:keishi
群馬県在住。
2013年春まで京都府。

原付はアドレスV125G(K7)。
モットーは『ゆっくりまったり』。
原付ツーリングはこれが肝だと思っているが意外と難しい。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: