FC2ブログ

信越・東北ツーリング 2日目(8/8) 浜松→上田 その2

ついに長野県に突入し、兵越林道を下っていく。
時刻は9時、まだまだ進むのだ。

11080820.jpg

兵越峠以北はヘアピンカーブとともに絶景が広がる。
写真を撮っていると、いかにもツーリングという感じのアドレスV125乗りが通り過ぎていった
まさかこんな山奥で同業者に会うとは・・・
「よくこんなところまで来るなぁ」と思ったが、そんなこと言える立場じゃなかった。

11080821.jpg

とあるヘアピンカーブで国道152号線と合流。
直進すると飯田側の未開通部に行けるが、土砂崩れによりそのわずかな区間すら通行止めに(汗

11080822.jpg

道の駅『遠山郷』に足湯があったので入って和んでみる。

11080823.jpg

道の駅以北は山間のまったり快走路。
ここから飯田に抜けるのだが、この先にある矢筈(やはず)トンネルも三遠南信自動車道の先行開通部分である。
さっきと違って自動車専用道路、すなわち原付通行不可であるため、県道251号線で迂回する。

11080824.jpg

迂回先の喬木(たかぎ)IC。
利用している人がちゃんといるのか不安になるくらい立派な橋脚だ(謎

11080825.jpg

しばらく山道を進むと飯田市街の展望が広がってくる。

11080826.jpg

静岡で渡った天竜川を再び渡り、飯田市に入る。

飯田市からは広域農道フルーツラインで伊那谷を北上。
中央自動車道と国道153号線に挟まれ並走している。

11080827.jpg

道の駅『花の里いいじま』で休憩。
時刻はまだ11時だけど昼飯も取ってしまうことに。

一人旅では早めの飯が何かと都合がいいです。
最大の理由は、混雑する時間帯になってしまうとテーブル席しかない場合一人で入りにくいから。
あと単純に料理出てくるのが早いし、食後ものんびりできる。
まぁキャンプツーリングしていると自然と早くなるのだけど。

11080828.jpg

原付のところに戻り、南アルプスの眺めがいいですなぁ、と写真を撮っていると声をかけられた。
割と若い旦那さんと奥さん、あと小学生くらいの娘さん。
地元バイク乗りのファミリーでした。

荷物満載の原付が珍しいためか、積載についていろいろ質問されました。
帰る方向が一緒だからということでしばらく先導してもらうことに!

11080829.jpg

この旅唯一のプチマスツーリング(w
伊那ICの近くに着き、またしばらく話をしてお別れ。
諏訪湖に出るのにいい道とか、ビーナスラインの行き方とか教えてもらいました。
あと、これからにわか雨が来るから気をつけたほうがいいとアドバイスをいただきました。
(写真左のもくもく雲が来るらしい)
いろいろと感謝です。

11080830.jpg

国道153号線を北上中。
すごい快晴。本当に雨は降るのだろうか?

11080831.jpg

県道50号線で峠を越えると諏訪湖が見えてくる。

11080832.jpg

諏訪湖の南端部は藻がいっぱい。
しかし湖はいいものだ。
京都住みなので琵琶湖にはよく行くが、あそこは広すぎて湖って感じじゃないし。

11080833.jpg

諏訪湖を時計回りに走っていると、下諏訪あたりでにわか雨第一波がキタ――(゚∀゚)――!!
とある建物の駐車場で雨宿りをさせてもらうことに。

11080834.jpg

10分くらいで一応晴れてくる。
そこら中雲だらけでまた降りそうな気満々な天候だけど、だましだまし進んでみよう。

11080835.jpg

上諏訪のあたりは立派なホテルがいっぱいあって、いかにも観光地というところ。
花火大会の準備をしていたけど、この天候は大変やろうなぁ。。

そんなことを思いつつ、そそから少し南下してビーナスラインを目指します。



次に進む : 信越・東北ツーリング 2日目(8/8) 浜松→上田 その3
前に戻る : 信越・東北ツーリング 2日目(8/8) 浜松→上田 その1 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishi

Author:keishi
群馬県在住。
2013年春まで京都府。

原付はアドレスV125G(K7)。
モットーは『ゆっくりまったり』。
原付ツーリングはこれが肝だと思っているが意外と難しい。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: