FC2ブログ

信越・東北ツーリング 5日目(8/14) 金沢→十日町 その1

前回までは、京都から奈良を経由し、伊勢湾フェリーを使って浜松へ。
そして長野県を縦断する感じで群馬・新潟に抜け、日本海側を金沢まで来ました。
11~13日は実家の金沢でまったり。
そして14日からは京都への帰路に帰路に就く。

北海道もアリかなと思ったけど、新日本海フェリーの小樽→舞鶴便が取れない。。。
バイクが満車だったり、2等客室が満室だったり・・・
日の向く方向を考えたとき、南向きの長距離移動はできるだけフェリーに任せたい。
あと、体力や時間の問題だったり、行きのモチベーションというのもある。

そんな中、17日の仙台→名古屋便がなんとか取ることができました。
3日弱しかないけれど、そのフェリーを目安に行くことにしよう。
目指せ龍飛岬(w

DSC01601s.jpg

出発!

DSC01603s.jpg

兼六園下を通ってみる。
右に行くと最近噂の湯涌温泉。
でも直進して山側環状を通り、金沢森本ICから国道304号線を五箇山方面へ。

DSC01606s.jpg

7:38 富山県に入る。
富山県からはすごい走りやすい道に。

DSC01610s.jpg

五箇山トンネル。
3kmくらいの長さで、かなり寒かった。

DSC01614s.jpg

五箇山・白川郷は合掌造りが有名ですね。
国道156号線を走っていると、よく合掌集落への案内を見かけることができる。
奥に見えるのは東海北陸自動車道。

DSC01615s.jpg

ここらへんも豪雪地帯なため屋根付き標識が設置されている。

DSC01617s.jpg

8:34 岐阜県に入る。
県境になっている庄川と何回も交差しているため、富山県⇔岐阜県を行ったり来たり。

DSC01619s.jpg

道の駅『白川郷』で休憩。
うーむ、それにしてもいい天気だ。

DSC01620s.jpg

道の駅『飛騨白山』でも休憩(w
まったり行きますヨ。

DSC01622s.jpg

御母衣(みぼろ)湖に沿って快走。
この辺の一部トンネルや覆道部分は道幅が狭いため、車同士だとすれ違いが怖そうだった。
観光バスとか来たら詰むレベル。

DSC01624s.jpg

荘川IC付近からは国道158号線に移行。
交通量が少なくてすごく走りやすい。

DSC01626s.jpg

高山市で3連お団子を発見。
国道41号線は交差しているだけなのに、何故かおにぎりが存在してる。

DSC01629s.jpg

線路を越えてからは、観光地っぽい町並みが続く。
お盆時ということもあって観光客で賑わっていた。

中部縦貫自動車道が高山までしか開通していないため、高山から東は国道158号線に車が集中。
といっても信号が少ないので、交通量が多いながらもそこそこ流れる。

DSC01630s.jpg

平湯トンネルを抜けて、安房峠へ。

DSC01632s.jpg

安房峠道路、平湯料金所に来てみた。
ここは中部縦貫道の一部を成す道路、つまり自動車専用道路であるため、原付は通行できない。
一応係りの人に原付で走れるか聞いてみたら、案の定「峠に逝け(・∀・)」と言われました。

DSC01634s.jpg

平湯バスターミナル。
上高地や乗鞍はマイカー乗り入れが禁止されているため、ここからバス向かうのが一般的らしい。

DSC01635s.jpg

12:09 安房峠にて再び長野県に突入!

DSC01636s.jpg

峠を下り、安房峠道路と合流するところ。
やけに大掛かりな工事してるなと思ったら、6月の土砂災害の影響だったのね(´・ω・)
工事関係の方、ご苦労様です。

ここから松本をかすめて長野・飯山方面へ向かいます。



次に進む : 信越・東北ツーリング 5日目(8/14) 金沢→十日町 その2
前に戻る : 信越・東北ツーリング 4日目(8/10) 新潟→金沢 


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishi

Author:keishi
群馬県在住。
2013年春まで京都府。

原付はアドレスV125G(K7)。
モットーは『ゆっくりまったり』。
原付ツーリングはこれが肝だと思っているが意外と難しい。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: