FC2ブログ

信越・東北ツーリング 8日目(8/17) 北上→仙台 その1

朝4時に起きました。
生活時間がおかしくなっていく。。

今日は三陸海岸沿を走ってみようと思います。
といっても時間的にそんな猶予がないため、国道45号線を黙々と走ることになりそう。

DSC01859s.jpg

外に出てみると、さすがにまだ暗かった。
ちなみにネットカフェの中では快活がいちばん好きです、雰囲気的に。
ブースも比較的広い気がする・・・?

DSC01860s.jpg

4時半、出発。
さっきまで雨が降っていたようだけど、幸い今は止んでいる。

DSC01863s.jpg

とりあえず国道107号線で大船渡に出てみよう。
どんよりした天気。
早朝なので交通量もほとんどない。

DSC01864s.jpg

太平洋に近づくにつれて雲が退いていき、青空が見えてくる。
R340のおにぎり、頭打ちそうだ(w

DSC01865s.jpg

大船渡市、国道45号線に出ました。
仙台までは170kmか。。

DSC01867s.jpg

「これより先 津波浸水想定区域」
海抜の低いところ(主に市街地)に入る前には、基本的にこの看板が設置されている。
また、この逆側には「津波浸水想定区域 ここまで」と書かれている。
どうやらここ数年の間に設置された、比較的新しいものらしい。

DSC01866s.jpg

その先に進むと、被害の様子が見えてくる。
壊れた建物はそのままだけど、震災から5ヶ月経っているため、瓦礫は所々に集められて道路も普通に通行できるようになっていた。

DSC01869s.jpg

峠を越え、陸前高田市へ。

DSC01870s.jpg

瓦礫の山しかない。。

DSC01871s.jpg

国道沿いはコンビニとかガソリンスタンドとかあったはずなのに、その痕跡が全くない。
テレビとかで『壊滅的』とよく言うけれど、こういうことなのかと実感してしまった。
やはりというか、なんというか、、、陸前高田の被害がいちばん衝撃的だ。
だって道路以外何もないのだから。

DSC01872s.jpg

白い建物(ホテル)の奥には、7万本の松があることで有名な高田松原がありました。
道の駅もあったはずなのだが、コンクリートの建物を除き、跡形もなくなっていた。
そもそも、左側ってこんなすぐ海じゃないはずなのだが・・・(汗

DSC01873s.jpg

6:49 宮城県に入る。
国道45号線は山沿いを通って気仙沼市街をスルーしていく。
そのため津波の被害は見られず、いたって普通な感じ。

DSC01877s.jpg

小休憩に入ったパーキング(道の駅ではない)は、警察車両の基地になっていました。

DSC01878s.jpg

JR気仙沼線、陸前小泉駅近くの高台から。
高架に家が乗ったままになっていた。

DSC01881s.jpg

三陸町、志津川。
例えるなら、海底都市が浮上してきたような。
このへんは地盤沈下がひどく、潮が満ちるとこのように水没するのだとか。

DSC01884s.jpg

R45が一部通行止めらしいので、国道398号線に移ります。
3桁国道ともなると整備が比較的遅れていて、ダート部分が続く。
特に北上川堤防上はひたすらダートで、腰ががが・・・

DSC01890s.jpg

国道45号線に戻り、東松島市を走行中。
平野部で津波が浸水した田んぼ(と思われる場所)では塩害により稲作が出来ず雑草が生い茂っている一方で、津波が来ていないところでは普通に稲作ができる模様。

DSC01891s.jpg

松島を通過中。海沿いなのに被害を受けた痕跡がほとんど残っていない。
実はもう10時を回っており、微妙に焦りだす。

DSC01899s.jpg

10:42 ということで仙台港着いたー!
道が複雑だったけど、以前の記憶を辿ることで、迷子になりながらスイスイ着けました(謎

DSC01893s.jpg

フェリーターミナルで受付をし、乗船券ゲット。
もちろん客室はすべて満席になっていた。
予約しといてヨカッタε=( ̄_ ̄;)

時間が出来たので、買出しに行ってきます。



次に進む : 信越・東北ツーリング 8日目(8/17) 北上→仙台 その2
前に戻る : 信越・東北ツーリング 9日目(8/16) 潟上→北上 その2 

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【2種原付ツーリングの雑記】

朝4時に起きました。生活時間がおかしくなっていく。。今日は三陸海岸沿を走ってみようと思う。といっても時間的にそんな猶予がないため、国道45号線を黙々と走る予定ですが。外に出てみると、さすがにまだ暗かった。ちなみにネットカフェの中では快活がいちばん好きです?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishi

Author:keishi
群馬県在住。
2013年春まで京都府。

原付はアドレスV125G(K7)。
モットーは『ゆっくりまったり』。
原付ツーリングはこれが肝だと思っているが意外と難しい。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: