FC2ブログ

ちょっと木曽まで行ってきた 1日目(4/28) その2

妻籠宿を発ち、国道19号に復帰。
まだまだ時間はあるのでいろいろ見ていこう。

DSC03565s.jpg

長野県に入ってからというものの、信号が少なく本当に流れが速い。
流れはだいたい60~70くらいに感じた。
早い車は80くらい出てそうだけど。

速すぎると感じたときは後ろの車を先に行かせのんびり走る。
交通量も多くないので、これがいちばん疲れない走り方だと思います。
急ぐ理由もないので景色を楽しみたい。

DSC03570s.jpg

前の写真の100mくらい先にあるのは『桃介橋』という大正時代にできた橋。
対岸には桜が咲き乱れ、でっかい鯉のぼりが掛かっていた。

DSC03583s.jpg

寝覚の床。国の名勝。
木曽川の水流によって花崗岩が侵食されてできた自然地形、らしい。
岩でかすぎだろ!

DSC03584s.jpg

R19と木曽川のお友達、JR中央本線。
今回のトップ絵に採用。

DSC03581s.jpg

散った桜もまた(・∀・)イイ!!

DSC03573s.jpg

道の駅『大桑』から御岳(おんたけ)が見え始める。
周りの山と同じ高さに見えるけど、雪があるって事は全然高いんだろうなぁ。

地元の人に尋ねると『おんたけ2240』というところまで車(バイク)で上れるらしい。
そして、この道の駅から1時間程度で着くという情報を得た。
これは上らない訳にはいかんでしょう。

DSC03593s.jpg

木曽福島手前から県道20号線に移り、御岳を目指す。
さらに交通量の少ない御岳湖の畔をのんびり走る。

DSC03594s.jpg

御岳の麓、王滝村の中心部。
ここからヘアピンカーブの連続でグイグイ高度を上げていく。

DSC03598s.jpg

大きいスキー場に辿り着いたところで通行止に。
5月2日まで冬季通行止めと書いてある。
4日早かったか・・・
この気温ならまず問題ないやろうけど、どうしようもない。

DSC03611s.jpg

ゆきだ~♪
スキー場の駐車場でまったり。
『おんたけ2240』はスキー場の名前だったようだ。

店などは営業しておらず、特にすることもない。
30分ほど何もせずボケーッとし、満足したので下ることに。

DSC03618s.jpg

正面に広がるのは木曽駒ケ岳。
このときは南アルプスだと思っていた。
それにしても、雲がない。

DSC03628s.jpg

御岳から下りてからは、開田高原経由で木曽福島へ。
国道361号線では白樺林が並ぶ。

DSC03638s.jpg

16:05 『キャンピングフィールド木曽古道』というキャンプ場に到着!

DSC03639s.jpg

白樺に包まれた自然溢れるキャンプ場。
管理がしっかり行き届いていて、トイレや水場は普通にきれいだった。
バンガローがいっぱいあり、GWなのでファミリーキャンパーもいっぱい。

DSC03640s.jpg

テントのフリーサイトはこんな感じ。
他にもバイクの人がちらほら。

DSC03648s.jpg

とりあえず風呂ー!
ってことで、R361線沿いの『せせらぎの四季』という日帰り温泉まで戻ってきた。
そんな大きくないところだけど、露天風呂の雰囲気がすごいよかった◎

DSC03644s.jpg

ね、眠い。。。
しかし今寝ると夜に寝れなくなるのでここは我慢。

DSC03660s.jpg

木曽福島の市街地にはイオンが!
規模としてはイズミヤよりも小さいくらいだろうか。

DSC03672s.jpg

キャンプ場に戻り、晩飯を食べる。
小さい机が欲しくなった。
こうしてキャンプ道具が増えていくのだろうか。

そんなことを考えているうちに夜になり、空には満天の星空が!
実際はデジカメの写真よりもっと明るく輝く星空が広がっていました。
普段の生活ではまず味わえないこと。
このために来たといっても過言ではなく、本当に見れて良かったと思う。

しかしあまりに眠いため、21時くらいに早々と就寝することに。
いったい何のために来たのだろうか。。。
まぁ眠いとどうでもよくなるもので、怒涛の勢いで眠りに就きました。

明日は伊那路を下るぞ!



■木曽ツーリング 1日目(4/28)
移動場所:京都府宇治市→長野県木曽町
移動距離:415km

kiso-map1.png

前に戻る : ちょっと木曽まで行ってきた 1日目(4/28) その1
次に進む : ちょっと木曽まで行ってきた 2日目(4/29)

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ちょっと木曽まで行ってきた 1日目(4/28) その2】

妻籠宿を発ち、国道19号に復帰。まだまだ時間はあるのでいろいろ見ていこう。長野県に入ってからというものの、信号が少なく本当に流れが速い。流れはだいたい60~70くらいに感じた。早い車は80くらい出てそうだけど。速すぎると感じたときは後ろの車を先に行かせのんびり...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishi

Author:keishi
群馬県在住。
2013年春まで京都府。

原付はアドレスV125G(K7)。
モットーは『ゆっくりまったり』。
原付ツーリングはこれが肝だと思っているが意外と難しい。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: